フォトウエディングで後悔しないためのポイントは?
よくある失敗例も

近年では、ナシ婚という言葉が広がりフォトウエディングだけを行うカップルが増えています。
また、誰も想像していなかったコロナの影響により結婚式を挙げたくても挙げることができなかったカップルは、「記念にウェディングドレスの写真だけは残したい!」
そんな想いからフォトウエディングを選ぶこともあります。
結婚式に比べると、費用面を抑えることができ、プロのフォトグラファーに撮影をしてもらえる利点もフォトウエディングの人気のひとつです。
しかし、結婚式という人生の一大イベントに大切な両親、家族、友人など晴れ舞台を祝ってもらわなくて後悔はしないでしょうか?
魅力が沢山あるフォトウエディングですが後悔をしないためにもメリット・デメリットの意見を聞いて手配を考えることをお勧めします。
今回の記事では、後悔した失敗談や後悔しないための解決策を含めご紹介していきます。

フォトウエディングで
よくある後悔とは?

フォトウエディングでよくある後悔とは?

低価格で人気のフォトウエディングに対して理想が膨らみ期待をするのも当たり前です。
全てがイメージ通りにいくことは難しく、何かの妥協は必要となってきます。

様々な体験談をもとに集めたエピソードとはどのような内容でしょうか?

多くの人と写真を撮りたかった

フォトウエディングは新郎新婦のみか、数名のゲストのみで行うため気楽に撮影を楽しむことができます。
しかし、大勢の人と記念撮影をするケースは少なく両親に晴れ姿を見せたかったと後悔する新郎新婦もいます。

相手任せにして準備を進めてしまった

事前に撮影に関する希望を特に伝えず、プロデュース会社やカメラマンに全て任せたケースはいざ出来上がった写真を見て、自分たちのイメージ通りではなく後悔をしてしまうパターンが多い傾向です。 こだわりがあるふたりであれば、事前に好みや理想を伝えるようにしましょう。

思っていた以上に費用がかかった

フォトウエディングは一般的な結婚式よりも費用を抑えることができますが、基本のプランに含まれていないサービスやオプションを希望する場合は、追加料金が発生することもあります。
こだわりが沢山あるふたりの場合は、追加料金が重なって予想以上の金額になることも想定しておきましょう。

結婚式をやりたくなった

フォトウエディングは結婚式と比べるとお祝いの雰囲気は味わいにくくなります。
結婚式ではゲストスピーチやムービー上映など、挙式や披露宴で行う演目がない為、祝福ムードをイメージされている方からすると少し物足りなさを感じてしまいます。
イメージしていたにぎやかな雰囲気で楽しみたかったと後悔する場合もあります。

フォトウエディングで後悔しないために
押さえたいポイント

フォトウエディングで後悔しないために押さえたいポイント

フォトウエディングを後悔しない為にも事前に情報収集をしたりポイントを抑えることで成功するケースは沢山あります。

メリット、デメリットがあることを前提に様々なパターンを考えて解決策を見つけていきましょう。

事前の情報収集は入念に行う

数あるプロデュース会社の中から一つに絞ることは難しいですが各会社の特徴や販売されているプランの内容、選択できる撮影場所などを調べましょう。
公式WebサイトやSNSの利用、最近だとハッシュタグ検索をすると関連の情報がでてくるので参考にする事ができます。
また、利用者の口コミを探す方法もありますが感じ方、捉え方は人それぞれなので参考程度に留めておくのがベストです。
申し込み前の事前相談を受け付けているプロデュース会社も多いので一度担当者へ連絡し、気になる疑問などがある場合は確認してから申込むなど事前相談が出来るプロデュース会社のサービスを活用すると良いでしょう。

やりたいことを具体的に伝える

実際に手配するプロデュース会社が決まり、時期が近づくと打ち合わせがスタートします。
フォトウエディングの準備で行う打ち合わせは結婚式に比べて少ないので、不安なことや質問がある場合は遠慮せずに聞いて一回の打ち合わせを大切に、こだわりや要望をしっかり伝えてください。
撮影したい場所、写真の構図、希望の衣装などイメージしているものがひとつでもある方は、イメージ通りに伝わるまで諦めないことで、後日「もっとこういう写真が撮りたかった!」と後悔する事を防げるでしょう。

申し込むプランのサービス内容を把握する

双方のトラブル原因になることも多い、プラン内容の相違。
沢山の会社を調べていると似たようなプランがでてくることもあります。
また、プランに含まれている内容と含まれていない内容を明らかにしておくこともトラブルを回避する方法の一つです。
含まれていない内容を追加するのか、なくても問題ないかを判断しましょう。

  • 着用できる衣装はいくつか
  • 衣装の追加は可能か、持ち込み料はどれくらいか
  • 洋装、和装など選択できるのか
  • マタニティ対応の衣装は取り扱っているか
  • 使用できる小物やアクセサリーの種類
  • 小物やアクセサリーの持ち込みは可能か
  • ヘアメイクはサービスに含まれているか
  • 撮影できるカット数はいくつか
  • 撮影にかかる時間はどれくらいか
  • 写真はいつ頃受け取れるのか
  • 写真データの受け取りは可能か
  • 屋外の場合、雨天保障がついているのか

充実したフォトウエディングに
するためのアイデア

充実したフォトウエディングにするためのアイデア

後悔しないポイントをいくつか紹介いたしましたが、撮影の後に「楽しかった!」と感じるためには他にどんなアイデアが必要でしょうか?

撮影を楽しむことはもちろんですが、撮影することだけを頭に入れず、どんな場所で誰と楽しむか、撮影以外の目的はないか等を一緒に考えるとアイデアも自然と浮かんでくるはずです。

家族を招待する

フォトウエディングでは、撮影当日ふたりだけでなく両親を招待するケースも沢山あります。
結婚式はしなくても、両親に晴れ姿を見せられることができますし、家族の思い出の地で撮影することもおすすめです。

チャペルでロケーション撮影を行う

プロデュース会社によっては、人気のチャペルで写真撮影を行うプランもあります。
結婚式をしなくても挙式スタイルだけを撮影する場合は、沖縄などのリゾート地で挙式スタイルを撮影するのもおすすめです。
綺麗な海や自然の中でフォトジェニックな写真を撮影できることで大変人気です。

アイネス ヴィラノッツェ in カヌチャベイ グラン・ブルーチャペル

2020年2月にリニューアルオープンしたオーシャンフロントのチャペル。
天然ビーチと芝生のガーデンにドレスが映え、フォトジェニックな撮影が叶います。
純白のチャペルで沖縄の大自然に囲まれながら、挙式さながらの撮影をお楽しみください。

【アイネス ヴィラノッツェ in カヌチャベイ
グラン・ブルーチャペル フォトプラン】
の詳細を見る

ハネムーンとフォトウエディングを兼ねる

フォトウエディングを行う多くのカップルは、新婚旅行とあわせて実施される方が多くなっています。
旅先の美しい景色をバックにした写真を残せますし、まとめて実施することにより旅費も抑えやすくなってきます。

後悔しない選択か
しっかりと話し合うことが大切

通通常の結婚式では、沢山のイベントや演出があります。
バージンロードを家族と歩いたり、誓いを立てる厳かな式、披露宴では友人たちの出しものに、お色直し、両親への手紙にいたるまで、そのどれにも意味があり、参列してくれたゲストとの時間は一生の思い出として心に残るでしょう。
結婚式はふたり、そして両家にとっても人生における、特別なイベントです。
フォトウエディングのみを予定していて結婚式を挙げないカップルにも「できるだけ予算を押さえたい」「祝福されることに抵抗がある」など、様々な理由があります。
しかし、結婚式自体に少しでも興味があり、結婚式を挙げないことで不安な気持ちになるなら、あとから後悔しないように、事前にふたりでしっかりと話し合うことをおすすめします。
話し合った結果、フォトウエディングという選択に決まれば、申し込む前には必ず、手配会社へこだわりやイメージを細かく伝え、 妥協せず納得のできるプランで申し込みましょう。
安心してフォトウエディングを行うためにも自分たちで解決策を見つけることも大事になってきます。

Page Top

閉じる