フォトウェディングで失敗しないためには?
よくある失敗例と事前準備

近年、挙式を行わずフォトウェディングのみ行う(ナシ婚)カップルが増加傾向にあります。理由はさまざまですが、フォトウェディングが選ばれる理由としては、チャペル内撮影や、スタジオ内撮影、屋外でのロケーション撮影などふたりの思い出の場所や希望、イメージに合わせて、さまざまな場所で撮影ができ、記念に残すことができることが人気のポイントです。
ただ、結婚式ではないから、といって予算を大幅に削られるカップルが多いことも事実であり、プロデュース会社により異なりますが、フォトウェディングのプランの中には、最低限のものしか含まれておらず、後に料金が発生してくる、といったパターンは珍しくありません。今回は、後悔しないために知っておきたい、フォトウェディング失敗談と、プランなどの選び方についてご紹介いたします。

フォトウェディングでよくある失敗例

フォトウェディングでよくある失敗例

写真は一生残るものだからこそ、絶対に失敗したくないですよね。期待いっぱいにフォトウェディングに臨んだものの、後悔が残ったという先輩カップルもいるものです。

万全の準備をして一生に一度のフォト撮影を素敵な思い出にするためにも、基礎知識として世のカップルの失敗談をしっかりチェックしてみましょう。ここからは、フォトウェディングでありがちな失敗談をご紹介いたします。

衣装についての失敗例

衣装込み(ウェディングドレス&タキシード)の価格面で魅力に感じた、フォトウェディングプランのはずだったが、実際に申し込んでみると気に入った衣装がなく、デザイン・サイズの取り揃えが悪かった。また、ロケーション撮影で使いまわしてしているため、衣装の状態もあまりよくなかった。
気に入ったデザインのものを選ぶと、プラス料金がかかり、価格面で申し込んだのに、最終的には予算オーバーの金額に。
申し込む前に事前に、衣装を見せてもらってから検討すればよかったと今は後悔しています。

写真についての失敗例

当日のカメラマンさんとの相性が合わず、希望するポーズが撮れなかった。撮影が始まってしまうと、時間がたつのが本当にあっという間で自分たちでさえ、撮影の緊張もあり、忘れてしまうので、絶対撮ってほしいポーズは必ず事前に伝えておきましょう。
また、仕上がった写真をみると、写真のテイストがイメージとは違った。写真加工には追加料金がかかり、シミ・ほくろの修正もなく、そのままのデータで納品された。

ヘアメイクについての失敗例

担当のヘアメイクさんに希望がうまく伝わらず、イメージとは違う仕上がりになった。
また、ビーチや屋外での風が強い場所での撮影の際はのダウンスタイルは、かなりリスクがあると思います。自身の希望の髪型、ということもありダウンスタイルにしましたが、届いた写真データをみてみると、風でバサバサになってしまいました。仕方のないことでしたが、髪形が乱れたせいできれいな写真ではなかったので、残念な気持ちが残ってしまいました。

費用についての失敗例

パッケージプランに含まれている内容は、本当に最小限で、相談後はなにかしら追加費用がかかり、結果予算オーバーになりました。
撮影の小物や、衣装など事前に準備をしていたものを持ち込んだら、持ち込み料がかかってしまった。

フォトウェディングで失敗しないためのポイント

フォトウェディングで失敗しないためのポイント

後に失敗・後悔しないためには事前リサーチが絶対必要です!事前にチェックしておきたいポイント・コツについてご紹介します。

今は様々なプロデュース会社が取り扱っているフォトウェディングですが、プランの種類が多く、内容によって料金の幅が広いため、正直なにを重要視して申し込めばいいか分からなくなりますよね。 おふたりが撮影を行うにあたって、一番重要視するポイントは何なのか、事前に相談して決めておきましょう。これからご紹介する内容は、必ず申し込む前に確認することをおすすめします。

プランの中でできること/できないことを聞く

どこまでが料金内(プラン内)でできるのか、また追加になった場合は具体的にいくら追加料金の支払いが必要なのか、担当者に確認しておきましょう。
自身の希望であれば、追加料金が発生することは仕方のないことです。ですので、追加費用となるケースについて、詳しく詳細を確認しておくことが重要です。 また、プランのなかで見落としがちですが<撮影カット数(納品枚数)・撮影時間>も記載がなければ確認しておきましょう。

希望はできるだけ具体的に伝える

撮影やヘアメイクのイメージは言葉ではなかなか伝えることが難しいので、イメージ画像を事前に用意しておき、打合せ時に確認してもらいましょう。自身のイメージ・希望を画像と照らし合わせて明確伝えることによって、当日のスタッフと認識の違いを減らすことができます。

仕上がりの写真のイメージを確認する

依頼するプロデュース会社の実績を事前に確認しておきましょう。ホームページやブログに掲載されている写真をみて、自身の好きな雰囲気なのか見分けることが大切です。会社やカメラマンによって、大きく写真のテイストが違いますので、プロデュース会社を選ぶうえで、最も重要なポイントです。また、撮影するカメラマンによってもテイストが大きく異なるため、カメラマン個人がSNSを行っているのであれば、個人ページから写真を確認してみたり、可能であれば、好きな雰囲気のカメラマンを指名することもおすすめします。

打ち合わせの内容は記録に残す

打合せした内容は、書面やメールなどに記録しておきましょう。
話したい内容・話した内容はまとめておくほうが打合せがスムーズです。伝えたい希望・要件の数が多い場合は、とくに必要になってきます。
撮影当日にスタッフとの認識のズレを防ぐことにつながります。

フォトウェディング当日に失敗しないための準備

フォトウェディング当日に失敗しないための準備

撮影に向けての準備をしているカップル、なにも準備をしていないカップルで仕上がりは変わってきます!

ナシ婚でフォトウェディング、挙式前の前撮りとしてのフォトウェディング、お子様と行うアニバーサリーフォトウェディング、撮影の用途は一人よって様々ですが、どんな用途であっても一度っきりの大切な1日に変わりはありません。
撮影当日をより素敵な1日にするため、撮影までの準備期間やっておいたほうがいいことを紹介いたします。

撮影の練習をしておく

ポージングや表情づくりの練習は事前にやっておくと安心です。当日は緊張して思った通りのポージングや表情ができないこともあります。
ただ、練習して慣れておけば、多少は緊張感を和らげることもできます。あとはカメラマン含む周囲のスタッフが盛り上げてくれるはずなので、安心して撮影に挑んでください。

持ち物リストを作ってチェックする

撮影当日に忘れ物をしないよう、持ち物リストを作るといいです。忘れがちな撮影小物はバックひとつにまとめて前日に持ち物を確認しておきましょう。また、フォトスタジオ以外の屋外でのロケーション撮影がある場合は、水分補給も忘れずに飲み物を持参しましょう。女性はストローを持参すれば、水分補給の際に口紅がとれる心配もなく安心ですね。

スタイルが大きく変わらないように注意する

フォトウェディング当日までスタイルをキープできるように意識して生活しましょう。
体重や、スタイルが大きく変動した場合、衣装が合わなくなってしまい、急遽衣装を変更せざる負えない事態になってしまいます。
どの程度の変化まで許容できるか事前に確認しておくことも大切ですが、衣装決定後からは出来る限りスタイル変動がないようにキープしておくことが一番です。

自身の希望やイメージに合ったプランを探し、事前リサーチが大切

失敗談や撮影後に後悔したこと、等たくさんの意見がございますが、何事も事前に確認・リサーチを行っていれば少しは改善されたり、納得のいく素敵なフォトウェディングになっていたことでしょう。結婚式とは違い、打合せの回数が少なかったり、比較的に安価なプランがあることが多いために申込のハードルがつい下がってしまう傾向にあるフォトウェディング。だからといって、後悔が残るような仕上がりだったら意味がないですよね。
追加料金がかかることは納得の上で、自身のやりたいことが、いくらになるのかまず初めに見積を出してもらったり、できること・できないことの確認など担当者と時間をかけて相談をしてみましょう。分からないことは、遠慮なく聞いてみたり、電話で問い合わせをしてみることが大切です。そのうえで予算・撮影内容・カメラマンの雰囲気・写真の仕上がりなどの確認をし、どのプランで申し込むのか判断しましょう。撮影の直近で申し込みが可能だったり、挙式と違って準備期間が短いフォトウェディングは、誰でも比較的お気軽に一生ものの素敵な写真を残せる素敵な機会です。そんな中でも、こだわるところはとことんこだわって、納得のいく素敵な撮影にできるよう、疑問点は撮影前までにすべてクリアにして当日を迎えましょう。

閉じる