沖縄での結婚式におすすめの余興は?
現地の文化に合わせるべき?

沖縄での結婚式、日本国内ではありますが、リゾートウエディングということで家族や親族とゆっくり過ごされる方が多いと思います。余興は行ったほうがいいのかな…?と調べてみると、沖縄現地の方の結婚式では、余興をとても大掛かりに行っていることが多いので、不安になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ただ、沖縄の慣習であって、必ずしも余興を行わなくてはいけないわけではありません!冒頭でも述べたように、リゾートウエディングでは、友人などは呼ばす、家族や親族のみで行う方も多くいらっしゃいます。もちろん沖縄ならではの余興を行えば、思い出の一つに残ること間違いないと思います!

沖縄の結婚式の余興事情

沖縄の結婚式の余興事情

沖縄では、なんと結婚式の招待客は平均100~300人!そして、沖縄県人は余興にかなり力を入れています。

●沖縄の結婚式では余興が大部分を占める

沖縄の結婚式では、披露宴の余興の占める割合がとても多いです。
プログラムの中でも、余興を何回も挟んで組まれていることがほとんどです。
それくらい沖縄県人は余興に力を入れていて、新郎新婦をお祝いし、楽しませようとしているということですよね。
友人や知人だけでなく、プロのパフォーマーを呼んで行う演出もあり、かなりレベルの高いものとなっています。
新郎新婦がひな壇にいない時間にも余興が行われていることもあり、沖縄県人にとって余興がどれほど重要なものかがわかります。新郎新婦だけでなく、出席者自身も楽しんでいることが伺えますよね。
広い披露宴会場に、舞台もしっかり用意されて余興を行うことが、沖縄ならではのお祝いの仕方です。

必ずしも余興を行わなければいけないわけではない

沖縄で結婚式を挙げる場合、必ずしも余興を行わなければいけないとは限りません。
むしろ、県外の人は余興を行わないことが多いです。
リゾートウエディングでは、家族や親族のみ、呼んだとしても友人数名、ということが多く、ゲストの人数を絞って結婚式を行う場合がほとんどです。
その場合は余興をなしにして、食事ではゲストとゆっくり談笑する時間を取るといいでしょう。
沖縄に限らず、リゾートウエディングではそのような場面が多くあるので、余興のことで心配しなくても大丈夫です。
最近では、事前にビデオ撮影をしておいて、当日はムービーを流すだけという方法も多く取られています。リゾートウエディングだと、友人も限られた人数しか参加できないこともあり、撮影したビデオを流すだけでも、新郎新婦はとても嬉しいでしょう。
また、せっかくの沖縄でのウエディングなので、沖縄らしさを取り入れるために、現地で行われる余興の一部を盛り込むのはおすすめです!
次は、沖縄の伝統的な余興についての紹介です。取り入れてみたい!という新郎新婦の方は、ぜひ参考にしてみてください。

沖縄で結婚式に取り入れたいおすすめの余興

沖縄で結婚式に取り入れたいおすすめの余興

沖縄の余興、色々な種類があるみたいだけど、どれがおすすめ?何を準備したらいいの? おすすめの余興をいくつか紹介していきたいと思います。

かぎやで風

かぎやで風は沖縄の結婚式でとても歴史のある祝いの舞で、沖縄の結婚披露宴には欠かせないプログラムです。読み方は「カジャディフウ」と読みます。プログラムの最初に行う余興で、新郎側が執り行うことになっています。新郎家の両親や親戚、ゲストが踊ることが多いですが、琉舞経験者がいない場合は外部の琉球舞踊家に依頼する場合も増えてきています。サプライズの演出として新郎新婦が踊っても、とても盛り上がるでしょう。

エイサー

沖縄ならではといえばエイサー。沖縄伝統芸能の一つであり、結婚披露宴だけでなく沖縄の文化を感じられる行事として行われるため、エイサーを見に沖縄に行く人もいるほど。
エイサーは太鼓を鳴らしながら踊る印象がありますが、太鼓も様々な種類のものがあるので、注目して見てみると面白いです。歌と音楽、太鼓の音に合わせた踊りで、新郎新婦、ゲストみんなで盛り上がれることでしょう。
エイサーは、現地のパファーマーを呼んで執り行うのが一般的です。迫力のある演技を楽しむことができます。

カチャーシー

カチャーシーは披露宴の結びに行う踊りです。沖縄の方言である「かちゃーす」に由来し、「かき混ぜる」という意味があります。両手を上に掲げ、手首をひねり踊ります。みなさんも一度はどこかで見たことがあるのではないでしょうか。実は、男女で踊り方が異なり、男性は手を握って踊り、女性は手を開いて踊ります。披露宴の最後に、新郎新婦、家族や親戚、出席者みなで踊ることで、幸せを分かち合うことができます。かぎやで風やエイサーとは違って、皆が自由に参加し踊って楽しむことが、このカチャーシャーの醍醐味です。

沖縄ウエディングは、余興をやってもやらなくても楽しめる!

沖縄の伝統的な余興をいくつか紹介してきましたが、一番取り入れやすいのが、「カチャーシャー」です。自由に踊って新郎新婦、ゲスト全員が参加できるのが、魅力的ですよね。もちろん、「かぎやで風」「エイサー」も歴史のある沖縄ならではの余興なので、どれを行った場合も楽しめると思います。
もちろん、余興を行わなくても大丈夫です。家族、親戚とゆっくり過ごすことも、リゾートウエディングの楽しみ方のひとつです。
余興を行っても行わなくても、沖縄でのウエディングは素敵な時間になるでしょう!

沖縄での結婚式について相談する

Page Top

閉じる