沖縄の結婚式におすすめの服装は?
気をつけたいマナー

近年では、リゾート婚ブームにより、多くの花嫁様が一度は「リゾート婚をやってみたい!」と思ったことがあるのではないでしょうか?国内リゾート婚の場所として人気の高い沖縄。
青い海に青い空、抜群のロケーションの沖縄の結婚式には魅力がたくさん詰まっています。
しかし、リゾート婚となると通常の結婚式とはマナーやしきたりが異なる部分もあり、少し戸惑ってしまいますよね。
特に服装については気になる方も多いのではないでしょうか。
参列するゲストはどんな服装をすればいいの?沖縄の結婚式らしい服装とは?など、そんな疑問を解決できるよう男女別にドレスコードをご紹介していきます。

沖縄の結婚式の服装:男性編

沖縄の結婚式の服装:男性編

沖縄の結婚式のお呼ばれで注目されている「かりゆしシャツ」は男性の正装として今や沖縄の結婚式の定番のコーディネートになっています。では男性の結婚式の服装をタイプ別でみていきましょう

●正礼装

正礼装とは、最もフォーマルな服装を指します。格式高い行事などにおいて、人をもてなす側に立つ場合は正礼装を用意しておくといいでしょう。
モーニングやテールコート(燕尾服)、黒紋付など、主に新郎新婦の父親が着用することが多いです。

●準礼装

正礼装の次に改まった装いとされているのが準礼装です。ディレクターズスーツやタキシードなど、主賓や代表挨拶を担当する男性ゲストなどが着用します。

●平服

格式張らないパーティーや結婚式・披露宴に出席する際に着用します。
ブラックスーツやダークスーツなど結婚式において男性ゲストが着用する最もポピュラーな服装です。

●かりゆしシャツ

沖縄の結婚式では今や定番の「かりゆしウェア」を着用します。また「かりゆしシャツ」も正装となります。かりゆしは「縁起の良い」「おめでたい」と言った意味をもつ沖縄方言です。

●アロハシャツ

ハワイなどのリゾートウエディングで着用するアロハシャツも沖縄の結婚式で着用が可能です。結婚式らしい明るめの色やトロピカルな柄を選ぶのがおすすめです。

沖縄の結婚式の服装:女性編

沖縄の結婚式の服装:女性編

沖縄では女性の「正装」としてかりゆしワンピースが定番のコーディネートとなっています。また、いつもの結婚式とは違い、カジュアルよりなドレスも受け入れられるリゾートでの結婚式。では、女性の結婚式の服装をタイプ別でみていきましょう。

●正礼装

最も格の高い礼装が正礼装です。 黒留袖や色留袖、アフターヌーンドレス、イブニングドレスなど。結婚式では、和装の場合、黒留袖が最も格式が高く、新郎新婦の母親や親族が着用することが多い。ゲストはドレスといった洋装が一般的です。

●準礼装

正礼装に準ずる改まった装いが準礼装です。結婚式・披露宴に招待された場合の主流となるスタイルです。セミアフタヌーンドレスやカクテルドレス、和装なら訪問着など新郎新婦の親族(おば、いとこなど)は新郎新婦や両親よりも目立たないようかな準礼装を着用することが多いです。

●平服

格式ばらない結婚式・披露宴や二次会に招待された場合の主流となるスタイルです。
ワンピースやアンサンブルスーツなどは、友人や会社の同僚の結婚式にゲストとして出席する際に良いでしょう。

●かりゆしワンピース

かりゆしワンピースは女性向けの「かりゆしウェア」として今や沖縄の結婚式では定番のコーディネートとして人気です。
沖縄での結婚式はガーデンや砂浜など屋外で行う結婚式も多いため、ノースリーブの場合でも1枚で着用OKです。

●サマードレス

女性らしい可愛らしさや上品さもありながら、南国の開放感も演出してくれるので、リゾートウエディングで着用されることが多い夏用のドレス。ただし、結婚式でサマードレスを着用する場合は、露出が多くなりすぎないように注意が必要。ドレスの上にストールやカーディガンを羽織ることをおすすめします。

沖縄の結婚式での服装マナー

沖縄の結婚式での服装マナー

一般的な結婚式と違い沖縄の結婚式の服装に、迷ってしまう方も多いはず。何がOKで何がNGなのか、カジュアルな服装でも一定のマナーはありますよね。そんな沖縄の結婚式の服装マナーをいくつかあげてみました。

カジュアルすぎる服装は避ける

沖縄の結婚式はカジュアルな服装が認められることもあるものの、一定のマナーはありますよね。Tシャツやデニム、短パンやサンダルなどは避けるのが望ましく、ドレスコードが指定されないとしても、他の参列者に不快感を与えない服装を心がける必要があります。

新郎新婦の両親はテイストを揃える

新郎新婦の両親が着用する服装は両家で合わせることが望ましいです。
新郎側の父親が洋装の場合は新婦様側の父親も洋装を選択しましょう。
また、片方の両親がかりゆしウェアを着るのであれば、もう一方の両親もかりゆしウェアを選ぶ など、両家の親が同じ格のドレスコードで揃え、家で差が出ないよう調整しましょう。

かりゆしウェアは正規品を着用する

かりゆしウェアには次のような2つの定義があります。
「沖縄県産であること・沖縄らしいデザインであること」
この定義をクリアしたものが正規品として認められています。
また、正規品のかりゆしウェアには下げ札(タグ)が付いていて、タグが付いていないものは偽物なので、結婚式での着用は避けましょう。

事前にしっかりコミュニケ―ションを取ることが大切!

沖縄での結婚式の服装は、沖縄以外の場所から参列する人も多いため、情報や知識がなく迷ってしまうことも多いでしょう。まずは、新郎新婦様がどのような結婚式を想定しているか、両親の服装についてどう考えているかを確認し両家で相談して決めることをおすすめします。
また、親族やゲスト同士も同様、ラフすぎて「私だけ浮いてるかも」と思ってしまう人が出ないよう、予め「どんな挙式にしたくて、どんな服装を選んでほしい」というのを伝えておけると、ゲストも安心して洋服選びができるでしょう。式場によってNGがあるので、リサーチしてゲストにゲストにも心地よく過ごして貰う為にも、事前にしっかりコミュニケ―ションを取るようにしましょう。

沖縄での結婚式について相談する

Page Top

閉じる