沖縄で結婚式を挙げる費用の目安
負担を下げるにはどうすれば良い?

沖縄挙式の最大の魅力は、海外挙式よりも費用をかけることなく、海外リゾートのような雰囲気の中で結婚式が叶うところですよね。
挙式会場自体も、日本国内とは思えないくらいのオーシャンフロントの素敵な会場が沢山あります。
また沖縄挙式の場合、ゲストは1泊、新郎新婦2~3泊と比較的ご負担を少なくして行えるのも人気のポイントとなっています。
もちろんパスポートもビザも必要なく、日本語が通じる国内なので年配のご親族様もご招待しやすいことも大きなメリットとして挙げられます。
そんな人気な沖縄挙式の1番気になる点としては、やはり費用ですよね。
こちらで詳しく沖縄挙式にかかる費用や節約方法などご案内します。

沖縄で結婚式を挙げる費用の目安

沖縄で結婚式を挙げる費用の目安

海外でのリゾート婚より費用が抑えられるといっても、やっぱり高いと思われる方いらっしゃるかと思いますが、都内で挙式を行うよりも費用を抑えられるケースもあります。

沖縄でリゾートウエディングを挙げる費用の目安

沖縄挙式を行ったカップルの平均費用は155万円と言われています。
また更に、パーティーやお食事会も行わないシンプルな挙式であれば、100万円もいかない場合もあります。
反対にゲストを沢山招待し、パーティーまで行った時の平均費用は209万円と100万円近く費用に差ができますが、都内で行う場合の費用が平均300~350万円といわれているので、それに比べたら旅行代金を含めても費用は意外とお安めですね。

※参考:「沖縄ミニ経済レポート vol.4 リゾートウエディングに関する調査について」 (内閣府 沖縄総合事務局)

ファーストウエディングの費用例

ファーストウエディングで沖縄挙式を行う場合の平均費用は約100~120万円ほどです。
挙式のみのシンプルなものであれば、100万円以内で収まります。
この中には基本挙式代金、お衣装、お写真データ、ご新婦様のリハーサルヘアメイク、当日のヘアメイクが入っておりますので、こちらで挙式を行うことは可能です。
またその他にパーティー、ご新婦様のリメイク、フォトツアー等の代金は含まれていませんのでおふたりのご希望に応じて、プランニング・お見積りをいたします。

沖縄での結婚式の費用を下げるコツ

沖縄での結婚式の費用を下げるコツ

沖縄挙式は意外と費用がかからないことが分かったところですが、やはり費用は抑えられるだけ抑えたいですよね。
そこでできるだけ費用を抑えるための節約方法をご案内します。

旅行のハイシーズンを避ける

まず宿泊費や航空券代などの旅行代金は季節や日によって大きく異なってきます。
同じ内容なのに高いお金を払うのはもったいないですよね。
旅行のハイシーズンといわれる、ゴールデンウィークと夏休み(7・8月)は避けた方が無難です。おすすめの時期は以下の3つです。

① 3~5月

→気候も安定し、オフシーズンなのでリーズナブルな時期と言われています。

② 梅雨、もしくは夏休みがあけた10月

→雨や台風の時期ですが、お天気が良いことを祈りましょう。

③ 平日

→やはり土日休みの方の方が多いので平日の方が料金は下がります。
おふたりが平日休みで、ゲストの了承も得ればかなりお得になります。

航空券の早割を活用する

また航空券を取得する時期も早ければ早いほど、割引がある可能性が高いので挙式会場や日程が決まり次第、すぐに航空券はゲットしましょう。
また航空会社も特にこだわりがない方はLCCを利用するのも一つの手ですね。

招待人数を最小限にする

さらにパーティーも行う方は特にですが、招待人数を最小限にするとそれだけゲストに係る費用を抑えることができます。
お食事代金はもちろん、人数が多いほどテーブルも必要になるので装花代金も抑えることができます。
友人を呼ぶときりがない!という方は特に親しい友人と親族に絞って開催すれば費用も抑えやすいです。
もしくはアフターパーティー等で友人は招待するということであればふたりだけの挙式も良いかもしれませんね。

沖縄で結婚式を挙げる際のゲストの費用負担はどうすれば良い?

沖縄で結婚式を挙げる際のゲストの費用負担はどうすれば良い?

さてリゾート挙式になると、都内などの挙式に比べて移動費(交通費)がかかるのは事実ですよね。 おふたりはもちろん、ゲストももちろんかかります。 ではゲストの旅行代金は誰が負担するのが好ましいのでしょう。

沖縄挙式の場合、ゲストの旅費は新郎新婦側が負担するのが好ましいとされています。
しかし全額負担は厳しいカップルは、お車代として一部負担する形でも良いでしょう。
またゲスト各自に負担してもらうことも良いですが、その場合ご祝儀はなくしましょう。
旅費を負担してもらって、尚且つご祝儀も受け取るのはマナー違反になります。
またゲスト負担の場合、招待状などに記載するなどして事前に知らせておくことも大切です。

沖縄挙式はメリハリをつけることが大切

沖縄挙式は費用をかけるところ・抑えるところの、メリハリをしっかりつければ費用を抑えつつも、夢のリゾートウエディングが叶えられるということをご理解いただけましたでしょうか?
どのタイプの結婚式にも共通ですが、もちろんあれもこれもやりたい!では費用がかさむ一方です。
そこで大切なのは、取捨選択。そのためにはおふたりの中での話し合いや、ご家族様とのご相談が大事になりますので結婚式という特別なイベントのためにしっかり話し合いをして、沖縄挙式を楽しみましょう。

沖縄での結婚式について相談する

Page Top

閉じる