ハワイ挙式に必要な持ち物は?
忘れ物0で結婚式を迎えよう!

夢のハワイウエディング。幸せな気持ちで迎えた当日も、忘れ物一つで台無しになってしまいますよね。国内挙式ならどうにかなる場合が多いですが、海外挙式ではそうはいきません。

では、ハワイ挙式には何を持っていけばいいの?
そんなカップルに、挙式やハネムーンで必要なものをご紹介致します。
もちろんプロデュース会社で用意してくれるものや現地で購入・レンタルできるものもあるため、事前に確認をしておきましょう。
その上で、まずは持ち物リストを作成し、一つずつ準備していくことが重要です。

ハワイ挙式に必要な持ち物:結婚式関連

ハワイ挙式に必要な持ち物:結婚式関連

ハワイ挙式で必要な持ち物といっても、挙式で使用するものや、フォトツアーやパーティーに持ち込むもの、様々です。

それでは、実際に何が必要なのか見ていきましょう。
それぞれのシーンや用途に合わせて準備をすることがオススメです。

新婦衣装

ウエディングドレス

一目ぼれした一着、じっくり選んだお気に入りのドレス、花嫁にとって一番こだわるポイントのひとつです。
ドレスショップによっても、日本から持参する場合や現地でレンタルできるものもあります。持参する場合は、ハワイに到着してからプレスサービスがあるのかも今一度確認しましょう。一番きれいな状態で挙式を挙げたいですよね!
衣装用の入れ物もドレスショップによって違うので、大きさや形など事前に確認しておくことをオススメします。

「ファーストウエディングのこだわりのレンタルドレス」

お色直し用衣装

フォトツアーやパーティーで衣装を変えて、雰囲気の違ったお写真を撮るのも素敵です。国内挙式とは違って海外挙式ではあまりお色直しをされる花嫁さんは少ないですが、お気に入りの衣装があればそれを着て形に残したいですよね!
一緒に合わせる小物や靴なども早めに準備しましょう。フォトツアーは移動も多いので、サンダルやスニーカーがオススメ。
ムームーならハワイらしさも出て、ドレスよりも身軽に過ごしていただけます!

ベール・グローブ

ベールとグローブは、ドレスのレンタルに付いているところもあれば、別でレンタルをする場合、ご自身で用意する場合とあります。ドレスの決定時にコーディーネーターから説明があると思いますが、ご自身でも事前に確認しましょう。ご自身で用意する場合も、早めにご購入、レンタルしましょう。試着の際にドレスとしっかり合わせておくことが重要です。当日、雰囲気と違った…とらないようにしたいですよね。

パニエ

衣装によって必要なもの、そうでないものがあるので、試着の時にドレスコーディーネーターの方と一緒に確認をしておきましょう。

ブーケ

ブーケは手配会社でご案内するハワイ現地のお花屋さんにお願いするのがベストです。
ハワイの場合は、検疫の関係で生花の持ち込みが出来ないなどご自身で用意するのは少しハードルが高いです。
担当プランナーと相談すれば、ハワイ現地の提携先お花屋さんとデザインなどをやり取りしてもらえます。
まずは、持ってみたいブーケをイメージしてみましょう。

ブライダルシューズ

挙式用とフォトツアー、パーティー用で分ける花嫁さんも多くいらっしゃいます。
いくつか持っていく場合は、キレイにした上で用意しましょう。

ブライダルインナー

ドレスをより美しく見せるためのブライダルインナー。購入の場合が多いので、試着の際にも一緒に着用していると思いますが、忘れないよう必ず直前にもチェックしましょう。
ストッキングは伝線した時のことを考え、2~3着持っていくことをオススメします。

ブライダルハンカチ

感極まって涙を流すことも少なくありません。ささっと拭けるよう用意しておくといいかもしれないです。

アクセサリー

アクセサリー類は挙式で使用するものと、お色直しの際に使用するものと別々の場合は、
それぞれドレスと一緒に管理しましょう。事前に破損などがないかしっかりチェックしておくといいです。ティアラ、ヘッドアクセサリー、ネックレス、ピアスまたはイヤリングは、使用する場面でまとめておくと当日もわかりやすいですね。

新郎衣装

タキシード

ドレスと一緒に同じショップにてレンタルされる方が多いですが、別々のショップにてレンタル、購入される新郎新婦もいらっしゃいます。別々の場合は、それぞれのレンタルショップにて持ち出し方法なども確認しておきましょう。

お色直し用衣装

ドレスとは違って衣装を丸々着替える方は少ないです。ジャケットを脱ぐだけでもラフな印象になるので、挙式以外の写真撮影の時にオススメです。ビーチ撮影では半ズボンにするのも素敵です。ご自身で用意する場合は、ドレスと一緒にまとめておくと忘れることがないでしょう。
新婦がムームーならアロハシャツで合わせるとハワイらしさがより一層高まります!

シャツ

挙式用のタキシードと合わせるシャツは、普段のスーツの際に着用するシャツとは異なり、ウィングカラーシャツといいます。ドレスショップで購入もできますし、ネットやスーツショップでも購入可能です。忘れないよう早めに購入し、小物と一緒にまとめておきましょう。

ブートニア

ブーケと合わせる場合が多いので、持ち込みならブーケと一緒に保管しておくと忘れません。

その他小物

タイやサスペンダーなどの小物は、最近オシャレなものが増えています。
ドレスショップによっても、タイのみ自分でアレンジできるところも多いです。
こだわりのある新郎新婦は一緒にアレンジを考えるのも楽しいですよね。
せっかく選んだ小物も挙式の一部。当日忘れないように小物類はまとめておきましょう。

革靴

花嫁と同様、挙式用の革靴と撮影用のサンダルやスニーカーを用意する場合は、花嫁のシューズと一緒にしておくといいですね。

靴下

靴下もオシャレの一部。新郎の小物は後回しにしがちですが、直前になって焦らないよう購入しておきましょう。肌着は普段使用しているものでも構いませんが、汗をかく場合もあるので風通しのいいものや、消臭効果があるものだとよりいいですね。

挙式小物

結婚指輪

挙式の指輪交換で使用するので、忘れずに持っていきましょう。

リングピロー

式場によっては準備があるところもありますが、ご自身で購入、オリジナルの物を作成するのも素敵です。写真にも残るものなので、気に入ったリングピローを用意しましょう。

婚姻届受理証明書(ブレッシングウエディングの場合)

ブレッシングウエディングの場合は、日本で婚姻手続きを済ませておき、婚姻届受理証明書を持参する必要があります。さらにパスポートの名義も変更しておく必要があるため、早めに手続きを済ませておきましょう。

戸籍謄本(リーガルウエディングの場合)

リーガルウエディングの場合は、現地の法律によって婚姻をするということになります。
事前に手続きや準備をする必要がある為、挙式の2か月前には準備をしておきましょう。
その際に婚姻具備証明書や戸籍謄本が必要となります。

ゲストブック(芳名帳)

人前式の場合は、ゲストの名前を記入してもらうゲストブックが必要となります。
式場を決める際に、どのような挙式スタイルなのかを確認しておきましょう。

席次表

家族や親族などゲストの人数が少ない場合は、席次表は必須ではありません。
友人が多く参列する場合や食事のテーブルが離れる場合などはあると便利かもしれません。

プロフィールブック

ハワイまで来てくれた家族や友人へ感謝の言葉と、簡単な新郎新婦の紹介があると、ゲストの方に来てよかったなと思っていただけますよね。席次表を作る場合は、一緒に載せておくとゲストの目にも入りやすいです。

メニュー表

メニュー表はレストランで用意されているところもあります。もちろん会場の装飾に合わせてオリジナルで作成するとオリジナル感が増します!せっかく作成したものを当日忘れないように注意してください。

パーティー会場の装飾アイテム

会場によってはウェルカムボードが置けるところと置けないところがあります。
必ずプランナーに確認してから作成しましょう。
ウェルカムボードや写真があると会場も華やかになるので、スペースがある場合はぜひ作成してみてください!パーティーの持ち物として、メニュー表などと一緒にしておくといいですね。

プチギフト

ゲストの方へ感謝の気持ちを込めてプチギフトを用意すると、ゲストの方も喜ばれます。人数を確認し、準備しておきましょう。

ハワイ挙式に必要な持ち物:渡航・滞在関連

ハワイ挙式に必要な持ち物:渡航・滞在関連

挙式の持ち物がそろったら、ハワイへの渡航や滞在に必要なものも準備しましょう。
挙式の準備だけ入念に行っても、ハワイへ行けなかったら元も子もないですよね!

こちらでは、貴重品、日用品と分けて準備するとスムーズです。

貴重品

航空券

航空券が手元にちゃんと届いているか確認しましょう。出発時間も前日にもう一度見ておくといいですね。

パスポート

パスポートを紛失した際に備えて、コピーを準備しておきましょう。
ビザは不要ですが、ESTAの申請が必要となりますので、2か月前には手続きを行いましょう。

現金

基本買い物はクレジットカードが便利だと思いますが、カードが使えないお店もあるので日本円とドル両方持っていくのが望ましいです。チップ用に1ドル札を多めにしておくと便利です。

クレジットカード

買い物の際はクレジットカードが便利です。海外旅行損害保険が付帯するカードだとなおベストです。もし現地でケガや病気をしたときに利用できます。

身分証明証

パスポートを紛失した場合に備えて、パスポート以外に一つあると安心です。運転免許証など顔つきの証明書を持っておきましょう。

日用品

ハワイ滞在中の衣服

ハワイ滞在中は、1枚羽織れるものを持っていきましょう。時期によっては肌寒いときもあるのでカーディガンが1枚あると便利です。
汗をかくこともありますので下着も日数分より少し多めに持っていきましょう、コンドミニアムのホテルに宿泊する場合は、洗濯ができることを考慮して荷物を減らすのも手です。

スキンケア・ヘアケア用

普段から使用しているスキンケア用品をお持ちいただくことをオススメします。
ホテルに用意されている場合が多いですが、見知らぬブランドや肌に合わない可能性もあります。
挙式当日は最高のコンディションで迎えて頂くため、ぜひご自身の愛用のスキンケア、メイク用品をお持ちください。

歯ブラシ・歯磨き粉

長時間の飛行機で使用する際に持っていると便利です。スッキリするので気分転換にもなります。
ハワイのホテルでは、ホテルによって歯磨きが常備されていない場合もあります。
ランクの高いホテルであれば、比較的歯磨きが付いている事は多いですが、ゲストが少し予算を抑えめにしたホテルなどでは、ついていない事も多くあります。

メガネ・コンタクト

普段から使用している方は忘れずに持っていきましょう。

常備薬、絆創膏

普段服用している薬がある場合は、日数分忘れずに用意しておきましょう。
腹痛、頭痛、酔い止めなどの常備薬もいくつか持っていると安心です。
長時間の渡航や時差で体調を崩される方もいるので、念のために準備しておいた方がよいです。
また、挙式用の履きなれない靴や高いヒールは靴擦れが付き物。
ハワイでの滞在を快適に過ごすために、絆創膏を用意しておくと心強いです。

充電器・モバイルバッテリー

変圧器やタコ足があるととても便利です。観光の際に充電が切れると困るので、持ち運びができる充電器も必須です。
ハワイでは、日本と同じコンセントを利用することが可能です。機器によっては電圧が対応していない場合もありますので、持参する機器をチェックしてから持っていくようにしましょう!

ハワイ挙式の持ち物を準備するときの注意点

ハワイ挙式の持ち物を準備するときの注意点

直前に準備をすると、パスポートやESTAなど不備があった場合すぐに手続きをすることができません。2か月前にはすべてそろっているように準備を進めていきましょう。

担当プランナーや先輩花嫁さんに、持っていってよかったものなどを聞くのもオススメです。

チェックリストを作成して忘れ物がないようにする

まずはチェックリストから作成していきましょう。冒頭でも記載したように、使用するシーンごとに準備していくとわかりやすいです。
忘れ物があった場合、現地で手配できないもの、手配する時間がない場合もあります。
確実に忘れ物なくすためにも、チェックリストからしっかり作成していきましょう。
どこに何を入れたかも書いておくと自分でもわかりやすいです。
また、前日に確認をすると何か足りないものがあった時に準備する時間がありません。
余裕をもって準備をし、前日は最終チェック日としておくと安心です。
チェックしたリストは一緒に持っていき、帰国の時にも確認すると大事なものを忘れることなく日本へ帰って来ることが出来ます。

飛行機の荷物に関するルールを把握しておく

まずは飛行機に持ち込めないものと持ち込めるものをチェックしましょう。
液体など量によって持ち込めるものや持ち込めないものがあります。
挙式に関わるものは預けるのではなく、自分で機内へ持ち込みましょう。荷物便が遅れ挙式に間に合わないということになったら大変です。
機内へ持ち込む荷物にはサイズや重量の制限もあるので、当日持ち込めないなんてことにならないように注意が必要です。

持ち物は必要なものに絞る

不安なくハワイへ行くことが大事ですが、荷物が多くなりすぎても負担になりますよね。
現地ですぐに調達できるアロハシャツやムームーなどは、わざわざ日本で購入しなくても大丈夫です。

最高のハワイウエディングを迎えるために

素敵なハワイでのウエディングを行うには、忘れ物をしないこと!

計画まではバッチリでも、大事な結婚指輪を忘れたら当日のテンションも下がってしまいますよね…。忘れ物がないように、ふたりで協力しながら準備をしましょう。
素敵な結婚式、ハネムーンになること間違いなしです!

「ハワイ挙式について相談する」

この会場の空き状況を確認する

Page Top

閉じる