ハワイ挙式時のチップについてのマナー
金額の目安と渡し方

憧れのハワイ挙式。結婚式にも日本国内と海外での文化や習慣があり、現地に行ってから焦って準備するよりも、当日をスムーズに過ごせるように事前にしっかりと準備したいものです。海外の様々な習慣や文化でも特に迷うのがチップの文化。ハワイでも当たり前のマナーになっています。もちろん、挙式においてもチップは必要です。
日本ではなじみのない習慣なので、戸惑ってしまう人も少なくないでしょう。
ここでは、海外挙式における相場なども含めてチップについて解説していきます。

ハワイ挙式ではスタッフにチップを渡すべき?

ハワイ挙式ではスタッフにチップを渡すべき?

日本ではチップを渡す文化がなく、なじみのないものですが、ハワイ(アメリカ)では最低限のマナーになっています。 特にアメリカのサービス業においては、チップ=給与として組まれているケースもあります。チップは給料の一部と考えられています。 海外ウエディングも同様にチップを渡すのはマナーになりますので、しっかり準備しておくのがおすすめです。

スタッフにもチップを渡すのがマナー

アメリカで食事をした際に、サービスをしてくれるスタッフにチップを渡すのは最低限のマナーとなります。
同様に、ハワイ挙式をする際にも関わってくれる現地のスタッフの方々へ感謝の気持ちも込めてチップを渡すのがマナーとなります。
ハワイ挙式で、チップを渡すスタッフの方々としては以下の通りとなります。

・コーディネーター

当日、新郎新婦のお手伝いをしてくれるスタッフとなります。国内挙式で言う介添えのような方々となります。

・メイクスタッフ/ヘアメイクスタッフ

挙式当日や、フォトツアーなどの準備の際にメイクやヘアセットをしてくれるスタッフとなります。

・カメラマン

挙式やフォトツアーでの際に撮影を手配したら、必ず居るのがカメラマンとなります。
当日のおふたりを魅力的に撮影してくれるカメラマンにもチップを渡します。

・ドライバー

準備をするホテルから、挙式会場や、パーティー会場へ送迎してくれるリムジンドライバーにもチップが必要となります。安全に会場までの送迎をしてくれるドライバーにも忘れずに渡しましょう。

スタッフへ渡すチップの金額の目安

なかなか日本人にはなじみのない習慣の為、いったいいくらチップとして渡せばいいかの目安がわからない方もたくさんいらっしゃると思います。
あくまでも目安ですが、1人あたり20ドル程度を考えておけば失礼にはあたりません。
ただし、仕事の時間や内容によって多少の変動はあります。1日同行してもらうケースもあるかと思いますので、その場合には50ドル~程度を目安として準備すれば問題ありません。
どのスタッフに、いくらチップを渡すべきか、以下に記載します。

  • メイク・ヘアメイク:20ドル~(前日のリハーサルなどがあれば30ドル~)
  • カメラマン:20ドル~30ドル
  • コーディネーター:20ドル~
  • ドライバー:10ドル~(往路と復路でドライバーが変わる可能性もあるので片道10ドルと考える)

こちらはあくまでも目安になります。メイク・ヘアメイクのスタッフが2人いればそれぞれにチップも必要となります。カメラマンやコーディネーターも同様に数人付く場合もありますので、その都度チップは必要になります。
ハワイ挙式で、お世話になった方々にチップを用意するのはサービスを受けるうえでのお礼の気持ちと考えてください。
少しでも、「節約」と考える場合もありますが、海外挙式でもチップは節約と考えずに必ず渡すようにしましょう。

ハワイ挙式でチップを渡すときのマナー

ハワイ挙式でチップを渡すときのマナー

チップの金額や、渡すスタッフがわかれば、次に渡すときのマナーも知っておく必要があります。渡し方や、タイミングなども、是非参考にしてください。

渡すタイミング

基本的に、チップはサービスに対する感謝の気持ちを伝えるために渡すものです。
ですので、サービスを受け終わった後に渡すのが良いとされています。
コーディネーターであれば、結婚式終了後ですし、ドライバーであれば車から降りるタイミングとなります。
ただ、当日は緊張もあったり準備ですっかり忘れてしますことも考えられるため会ってすぐに渡すという方法もあります。渡し忘れを防ぐための方法としてはおすすめです。

渡し方

チップを渡す時は、現金で渡すのは結婚式の場合は好ましくありませんので、事前にポチ袋など小さ目の封筒にお金を入れて準備しておきましょう。
ポチ袋は日本の100均で準備出来るもので問題ありません。
チップを渡す時には、必ず感謝言葉と笑顔で挨拶しながら渡すと受け取る側も気持ちよく受け取ることが出来ます。ぜひ、最大限の笑顔でチップを渡してあげてください。

ハワイ挙式時に渡すチップについての注意点

ハワイ挙式時に渡すチップについての注意点

ハワイ挙式でチップについての注意点としては、チップが必要になるタイミングは想定外のタイミングで発生する事もあるという事です。どのタイミングでも対応できるように準備はしておくのがおすすめです。

チップとして渡せるお金は余分に持っておく

チップを渡すべきタイミングが想定外で発生した場合に、大きい紙幣しかもっていない為チップとして渡す紙幣が足りないという事の無いように、10ドル札や20ドル札は多めに用意しておきましょう。おススメとしては、1ドル札・10ドル札・20ドル札の3種類を多めに両替しておくとチップとして使う時に便利です。
チップは、挙式以外のタイミングでも必要となります。ホテルでの室内清掃をしてもらう際のチップや、荷物を運んでもらったスタッフや、レストランでサービスを受ける際などあらゆる場面でチップは必要になりますので、多めに用意しておいて損はありません。

チップは紙幣で支払う

基本的には、チップは紙幣で支払うもので、硬貨で支払うという事はしません。
硬貨でチップを渡すと、相手の心証を悪くする可能性もありますので、避けるようにしてください。

ハワイ挙式で知っておきたいチップのマナー

日本人には、あまりなじみのないチップ文化ですが、ハワイ挙式をする際にはマナーとして知っておくことが必要です。
また、結婚式という場面ではたくさんのスタッフの方々に携わってもらう為、前日に携わってくれるであろうスタッフ分のチップをしっかりと準備し当日に臨むのが安心です。
おふたりの門出の日として、スムーズに当日をすすめられるように、そして何より最高の日になるように事前に準備しておきましょう!

この会場の空き状況を確認する

Page Top

閉じる