ハワイ挙式の流れ
手配会社選びからプランニング、式当日まで

あこがれの海外ウエディング!ワクワクしながら準備を進めてきたカップルにとっても、招待されたゲストにとっても、本番直前はドキドキ&ワクワクが止まりません。そこで海外ウエディングならではの、手配会社選びからプランニング、式当日のスケジュールを解説します。早めに当日までの流れを頭の中に入れておけば、心に余裕が持て安心して当日を迎える事が出来るはずです。 大切な一日を素敵に過ごす為、チェックしてみてくださいね!

ハワイ挙式の基本的な流れ【手配会社選び~会場決定】

ハワイ挙式の基本的な流れ【手配会社選び~会場決定】

ハワイ挙式をする為に大切な事は、まずどこに挙式手配をお願いするかです。 日本国内にはハワイ挙式が手配可能な会社がたくさんあります。自分に合った挙式手配会社を選びましょう!

結婚式の手配会社の決定

ハワイ挙式を手配するといっても、まずどこに行けばいいのか…
ハワイ挙式を取り扱う会社として、大きく分けられるのは下記の通りとなります。 ① 旅行会社 ② 現地(ハワイ)エージェント ③ プロデュース会社(日本国内) 旅行会社は、誰もが知っているHISやJTBとなり、全国に店舗展開している会社というのが特徴の一つで、取り扱いしているチャペルや教会の数が多く、広いエリアから選ぶことが出来ます。 現地(ハワイ)エージェントは、日本にサロンなどは持たずメールや電話などで打合せを行うという形態をとっています。ドルで精算するので特に、為替レートがいい時にはお得に結婚式を手配する事が出来ます。 プロデュース会社は、各方面の専門店などがありアルバムやパーティー会場の写真などを見せてもらいながら、様々なプランを提案してもらえるという特徴があります。 プロデュース会社でも、旅行も同時に手配可能な会社も多く旅行会社は旅行により強く、プロデュース会社は挙式手配により強いといった特徴をもっています。 挙式や、パーティー、フォトにこだわりたい!と思うカップルにはプロデュース会社がおすすめです。 どこに手配をお願いするかを決めるには、自分たちの好みや趣向に合った会社をじっくりと選ぶ事です。手配会社を決定する事がハワイ挙式をスタートさせる第一歩です。

結婚式の時期の決定

いざ、ハワイ挙式の手配会社を決定しても、天候などは?ベストシーズンは?などのスケジュールを決めるに上で不安要素もあるでしょう。そこでハワイ挙式するにはいつが一番いいのか、天候や価格などから時期についてご紹介します。 あこがれのハワイでの結婚式。青い空、白いビーチ、エメラルドグリーンの海を眺めながら、南国の花香りに囲まれ式場で純白のウエディングドレスを着て大切なパートナーと過ごすハワイ…。こういった魅力いっぱいの結婚式をイメージされる方も多いのではないでしょうか。ぜひ、素敵なハワイ挙式を叶えてください!

ハワイの季節

ハワイは穏やかな気候が一年中続くため、比較的いつでも快適に過ごすことができます。ハワイには雨季と乾季があり雨季は11月~4月と言われており、反対に5月~10月が乾季にあたります。旅行でベストシーズンはやはり乾季の5月~10月と言えます。 また雨季とは言っても、日本の梅雨とは全く違う為、一時的なスコールが多いというイメージです。どのシーズンでも、気温は25~30度程度で湿気が少ない分気温が高くても日陰に入れば涼しいと感じる気候です。ただし、日差しはとても強いので、日焼け止めやサングラスは必須です。 また、建物の中は冷房が強かったり、朝晩は冷え込んだりするのでカーディガンなど羽織れるものを準備しておくと安心です。

ハワイ挙式におすすめの時期

やっぱり乾季がおすすめです。絶対雨が降らないわけではありませんが、雨季より天候の心配が少なくて済みます。特に、カジュアルなガーデン挙式が希望の場合は大きく天候に影響されますので、参考にしてみてください。海が見えるチャペルもとても素敵ですが、歴史的建造物の教会であれば天気の影響は少ないと言えるでしょう。 もちろん、乾季と雨季では航空券やホテル代も違ってきますので、費用を抑えたいカップルには少しリーズナブルになる雨季を選ぶのもおすすめです。

結婚式の会場の決定

おおまかな時期が決定したら、どこで挙式をするのか挙式会場を決定します。 会場をある程度決めてから手配会社を探し始めるカップルも多いと思いますが、実際に話を聞いてみて当初希望していた挙式会場から変更するカップルもいますので、最終的にどこで挙式をするのかを決定します。ハワイ挙式では、教会(チャーチ)、チャペル、ガーデン、ホテルウエディングを選ぶカップルが多数です。 教会(チャーチ)というのは、キリスト教の信者が礼拝をする、本格的な教会で日曜日の午前中などミサが行われています。歴史的建造物であったり、厳かな雰囲気を持つ教会は、比較的に街の近くにある為、移動に便利というメリットがあります。 さらに、いつまでたっても教会がなくなることはありません。10年後・20年後にハワイに訪れた時にいつでもそこに変わらずある安心は教会で挙式を行う最大のメリットです。  チャペルというのは、結婚式を挙げるために建造された建物の事で、海が見えて白いチャペルなど、ロケーションを重視したいカップルはチャペルがおすすめです。

ファーストウエディングの取り扱い会場を確認する

ハワイ挙式の基本的な流れ【プランニング~出発】

ハワイ挙式の基本的な流れ【プランニング~出発】

ハワイ挙式を行う上で、挙式時期・挙式会場・挙式手配会社が決まったら、実際に挙式を行う上でのプランを決めていく段階となります。おふたりがこだわりたいポイントや大切にしたい想いなどを具体的に決めていき、出発までの間に準備をします。

結婚式のプランニング

衣装

挙式会場が決まったら、次に案内されるのは「衣装」となります。 新郎がタキシード、新婦はウエディングドレスが一般的ではありますが、挙式後のパーティーではハワイの伝統衣装であるアロハシャツやムームーに着替える事もあります。 タキシードも今ではたくさんの種類があり、オーダータキシードを利用される新郎も増えています。ファーストウエディングでも、オーダータキシードの提携先もありますので帰国後パーティーでも着用したい新郎にとっては費用的には少しお得になる場合も。 また、新婦のウエディングドレスも様々なドレスがあります。王道のAラインのドレスからマーメードドレス、インポートドレスとドレス選びが結婚式の準備で楽しみですね。 早めに、試着に行って期間に余裕をもって選ぶのがおすすめです。 参列する、家族や親族・友人にも早めに衣装の案内をしておきましょう。アロハシャツやムームーの用意が必要だったり、準備期間は長ければ長い方がありがたいものです。 ドレスコードなんかを決めておくと、参列する親族やゲスト達の準備が安心です。

演出

ハワイアンカルチャーを堪能するパーティーオプション演出 挙式やパーティー演出で人気が高いのは、ハワイアンカルチャーを目の前で満喫できる、フラやウクレレの生演奏です。フラダンスレッスンなんかも演出としては盛り上がること間違いなし!パーティーを盛り上げるオプション演出として、バンドやシンガーを呼ぶことも可能。また、参列者の特技を生かしたダンスなどの演出も盛り上がります。 また、友人数人でお揃いのアイテムを身に着けたり、お揃いのドレスを着る演出も大切な思い出になります。女性はブライズメイド・男性はアッシャー(グルームマン)と呼ばれる演出。これらを取り入れる事によって、集合写真もインスタ映えの写真に。演出の一つとして取り入れてみてはいかがでしょう。

参列者

次に、結婚式に呼ぶ人を決めます。国内結婚式では家族や友人、会社の同僚や上司を招待する事がほとんどだと思います。ハワイ挙式では、参列者を家族や親族、親しい友人などに絞り開催するケースが多いです。もちろん旅費や列席するのに長い期間仕事を休まなければいけなくなる為です。 しかし、たくさんの友人や会社の方々にもお披露目をしたいというカップルも多いので、帰国後に国内で改めて披露宴を行い、招待するケースがあります。

渡航の準備

出発日までに、ハワイへの渡航準備を済ませます。パスポートの有効期限も同時にチェックすることをおすすめします。出国当日に空港で、有効期限が足りない、中には切れていたなど、そうなってしまえば渡航はあきらめざるを得ません。また、ESTAも事前に取得しておくことが必要です。パスポートほど時間はかかりませんが、早め早めに準備すると直前に慌てる事はありません。 また、同時に挙式で必要なドレスなどを持参する場合もドレスを忘れたという事も無いように、支度を整えておきましょう。空港で受け取るのであれば、どこで受け取るのかなど事前に調べておくことも大切です。 その他、パーティーで使用するアイテムなども用意しておきましょう。早めがおすすめです。

ハワイへ出発

さぁ、いよいよハワイへ向けて出発です。ハワイと日本ではマイナス19時間の時差があるので、日本での出発日の朝にハワイへ到着する事になります。 時差ボケになりそうな方は、飛行機の中でしっかりと睡眠をとってくださいね! 到着は、挙式の前々日がおすすめです。時差ぼけや飛行機の遅延などの万が一トラブルが起こった際でも対処しやすくなります。 また、「ブリーフィング」と呼ばれる、現地での最終打合せや衣装の最終フィッティングを行うので、時間に余裕を持たせる方が安心です。

ハワイ挙式の基本的な流れ【当日】

ハワイでの結婚式をふたりだけで挙げるときに必要な費用

次に、ハワイ挙式当日のスケジュールを確認していきます。 いよいよ楽しみにしてきたハワイ挙式です。存分に楽しんで最高の思い出にしましょう!

ヘアメイク・着替え

ファーストウエディングでの挙式料は13.5万円~となっておりその中に含まれるものは 以下の通りです。

リハーサル

挙式当日、ファーストウエディングの取扱い会場では、挙式会場でのリハーサルを行います。 キリスト教式であれば、牧師さんも一緒に入場~誓いの言葉~退場の部分を簡単にリハーサルします。リハーサルを、参列者に見せたくないという希望も会場によってはお受けする事も可能です。

挙式

いよいよ挙式本番です。 初めての経験ですので、不安になることもあるかと思います。ですが皆さん同じですので、気持ちに余裕をもち、楽しもう!という気持ちが大切です。 ありったけの愛を誓いましょう!

フォトツアー

挙式後にフォトツアーに行ったり、挙式前にフォトツアーに行ったりと、カップルにとってスケジュールは様々ですが、青い海・白いビーチ、自然いっぱいのグリーン、クラシカルな雰囲気からモダンな雰囲気を併せ持つタウンなど、ロケーションによって様々な写真撮影が可能です。 カップルの好みに合わせて、場所を選びいざフォトツアーへ! スケジュールによっては、1か所だけではなく、2カ所・3カ所のフォトツアーに行けるプランもあります。ファーストウエディングでは、オアフ島の東西南北多くのフォトポイントでフォトツアーがご案内可能です。ぜひ、プランナーに相談してみて!

ハワイ挙式の思い出を形に残すこだわりのフォトツアーを確認する

ウエディング・レセプション

ハワイでは、レセプション会場と言えば、一般レストランからホテル内のレストランもあります。また、披露宴専用に作られた会場もありますのでハワイのレストランを楽しみたいや、有名なあのレストランでパーティーしたい希望があればレストランがおすすめです。 演出や、自由度が高い会場が希望であれば、披露宴専用に作られた会場がおすすめです。 おふたりのゲストへのおもてなしプランを基に、パーティー会場を選んでみてください。

ハワイで挙式をする為の準備から当日までの流れ

憧れだった海外ウエディング。わざわざ日本から行くからには、海外でしか味わえない特別なウエディングを楽しみたいという気持ちは、新郎新婦も参列するゲストもきっと同じです。衣装、写真、パーティー演出もたくさんの「海外でのウエディングらしさ」や「ハワイらしさ」をちりばめて、特別な日をプロデュースしたいものです。それが、遠くから参加してくれたゲストや親族や両親への最高のおもてなしだったり親孝行となるはずです。そして何より、ふたりにとって一生忘れられない思い出になります。 挙式会場選び、手配会社選び、挙式当日までの準備と少し大変な事もあります。 ですが、ゲスト・家族と現地での楽しい思い出を作る為と、一生を共にする伴侶との大切な時間を過ごす為であればこの準備の期間も楽しめるはずです。

ファーストウエディングはお二人の理想のハワイウェディングの実現を精一杯サポートさせていただきます。お気軽にご相談ください。

ハワイ挙式の相談はこちらから
ファーストウエディングへ
お気軽にご相談を

この会場の空き状況を確認する

Page Top

閉じる