ハワイ挙式は新婚旅行とセットがお得!
押さえておきたいポイント

海外ウエディングでダントツ人気のエリアといえば、ハワイ。新婚旅行・ハネムーンと兼ねてハワイ挙式を選ぶカップルも多くいます。せっかくなら結婚式の前後も新婚旅行・ハネムーンに来たように満喫したいですよね! 結婚式も新婚旅行・ハネムーンもセットで考えた方がぜったいお得です!ハワイ挙式と新婚旅行・ハネムーンを満喫できるポイントをご紹介していきます。
ぜひ、チェックしてみてください!

ハワイ挙式と新婚旅行を一度に行うメリット

ハワイの結婚式費用の目安は?負担を抑えるポイントと挙式までの流れ

ハワイ挙式と新婚旅行を分けて渡航すると、航空券代が2回かかるなど、当たり前ですが仕事の休みもなかなか取りづらい新郎新婦には、時間のメリットが大きくなります。
楽しい時間はあっという間…有効に時間を使うとより楽しい時間をたくさん過ごせます!

挙式と新婚旅行を別で行うよりもリーズナブルに済ませられる

ハワイ旅行に行く際にふたり分の旅行代金はおよそ、30万~80万ぐらいになります。
宿泊するホテルや、部屋のグレード、飛行機の座席の種類、滞在中にオアフ島からマウイ島やカウアイ島・ハワイ島などの離島にいくなどの旅行プランによっても大きく変わります。
これを挙式とハネムーン・新婚旅行を兼ねて行くと、宿泊数が増えお部屋代は上がってきますが、飛行機代は1往復分で済むため、費用が大きく変わってきます。
長期連泊すると、ホテル代が安くなる場合もありますので、旅行プランを確認してみるといいでしょう。

予定調整の手間が少ない

ハワイへ旅行で行くと、短くて3泊5日となります。ただオプショナルツアーやリゾート気分をより楽しむ為には、4泊6日がおすすめです。約1週間は仕事も休まなければいけないと考えると、予定の調整にも手間がかかります。 ハワイ挙式と、ハネムーン・新婚旅行を兼ねて行くと煩わしい予定の調整が一度で済みます。

家族と一緒に旅行ができる

家族と一緒に旅行が出来る事も大きなメリットです。
ハワイ挙式と新婚旅行・ハネムーンを兼ねて行くと、両家の親睦も深める機会を作れて一石二鳥です。家族も、親族の結婚式であれば仕事の調整も旅行だけよりは簡単なはずです。
また、実家が遠方同士であれば家族同士での旅行というのもなかなか難しい場合も多いので、全員でディナーをしたり、ツアーを楽しんだりと、このチャンスを逃さない手はありません。
ふたりだけの時間を大切にしたいというカップルには、親族より少し長い期間滞在して二人の時間を楽しんでください。
朝日が昇るダイヤモンドヘッドに登ったり、ワイキキビーチでゆったり過ごすだけでもハワイを満喫出来ます。

ハワイ挙式と新婚旅行を
一緒に行うときの確認ポイント

ハワイの結婚式費用を抑えるポイント

ハワイ挙式と新婚旅行・ハネムーンを一緒に行う際に確認しておきたいポイントを予算・時期・宿泊ホテルを中心にご紹介していきます。
少しの工夫で、料金を抑える事も出来てより楽しめます!ぜひ、チェックしてみてくださいね♪

予算

ハワイ挙式でも、新婚旅行でも一番気になるのは予算ですよね。
ハワイ挙式と旅行のトータル費用総額はおおよそ350万円前後となります。
挙式実施時期や、挙式プラン・ホテルのグレード、オーシャンビューなどの部屋のグレード、滞在日数によっても値段が大きく変わってきます。
また、食事もどこのレストランを利用するかによって予算が変わってきます。
高層階の景色がいいレストランや、オーシャンフロントのレストランであれば、ふたりで$200~$300は見ておいた方が安心です。
ある程度、予算を決めておきその範囲内に収まるように挙式や新婚旅行の内容を調整してみると滞在期間を楽しく過ごすことが出来るのではないでしょうか。 ハワイ挙式にかかる費用について、詳しくは下記の記事で解説しています。

ハワイ挙式にかかる費用

時期

ハワイには、乾季(5~10月)と雨季(11~4月)があります。乾季は比較的天候が安定していて晴れの日が多いとされています。もちろん、全く雨が降らないわけではありません。
山側は、午前中雨が降って雨があがるとカラッとした天気になるなど、リゾート地ならではの気候です。
逆に、雨季と言っても1日中雨が降っているわけではありません。スコールのような雨が降り、すぐに止むこともしばしば。観光客に人気なのはやはり乾季ではありますが、その分航空券代も比較的高めの設定が多くなります。雨季に関しては、比較的リーズナブルな金額となります。
新婚旅行で何をして過ごしたいかで、乾季か雨季かの時期を選ぶことで、どの時期に行ってもメリットがあります。マリンスポーツを中心に楽しみたいカップルであれば乾季を選ぶと思いっきり海を満喫出来ます。逆に、買い物や食事を中心に楽しみたいカップルは雨季でも十分楽しむことが出来ます。
まずは、ハワイで何をして過ごしたいかを決めてから、ハワイ挙式の時期を決定するのも予算を抑える工夫のひとつです。

ハワイ挙式のベストなタイミングについては、下記の記事をご参考に。

ハワイ挙式のベストなタイミング

ホテル

ホテルの選び方は、料金ももちろん気になるところですが、結婚式後の過ごし方に合せてホテルを選ぶのがベターです。買い物を楽しみたいカップルであれば、市街地へのアクセスがよいホテルを選び、ショッピングセンターや観光地を巡りやすくなります。
ワイキキ市街地であれば、アウトレットへもバスが出ていますので、移動もしやすくなります。
アクティビティやマリンスポーツを楽しみたいカップルには、ビーチに近いホテルを選ぶといいのではないでしょうか。朝晩はビーチを散歩したり、昼のビーチ以外も様々な顔をしたハワイのビーチや海を楽しむことが出来ます。 また、2泊して3泊目4泊目は別のホテルに変えるという楽しみ方もあります。
ハネムーナーに人気のホテルで、挙式前日と挙式当日は少し贅沢をしてランクの高いホテルへ宿泊し、オーシャンビューの部屋を満喫したり、スパを利用したりとリラックスして過ごし挙式当日を迎える。挙式後は、予算を少し押さえ買い物やアクティビティを楽しむという方法も予算を抑えながら、楽しむ幅を広げる事が出来る方法です。

滞在日数

ハワイ挙式を行うのに必要な日数は、3日程度です。前々日又は前日のブリーフィングやドレスの最終フィッティング、そして挙式当日とフォトツアーなどの写真撮影を入れると3日程度となります。もちろん、挙式やフォトツアーのスケジュールを調整して2日程度で行う事も可能です。
滞在日数は、挙式後の新婚旅行でどう過ごすかで滞在日数を決めるのがおすすめです。
せっかくのハワイを最大限満喫したいカップルは、滞在日数を長めに取ると楽しむ幅を広げる事が出来ます。ただ、気を付けたい所は滞在日数が長くなるとその分予算も増える事になるので、予算とのバランスを考えながらスケジュールを組みましょう。

ハワイ挙式と新婚旅行を同時に行うときの注意点

ハワイ挙式と新婚旅行を同時に行うときの注意点

予算も、時間もうまく使う事で楽しめるのが、ハワイ挙式と同時に行う新婚旅行・ハネムーンです。メリットもありますがデメリットとして注意すべき点もありますのでここで紹介します。

準備に時間がかかる

ハワイ挙式と新婚旅行・ハネムーンを同時に行う場合は、もちろん準備にかかる時間も同時になります。ハワイ挙式の準備も想像以上に準備に時間がかかり大変になる場合もあります。衣装選びや、演出・ヘアメイクをどのようにするのか…など楽しい時間はあっという間に過ぎて、気が付けば新婚旅行の準備がまだ出来ていない場合も!
こうならない為にも、夫婦で結婚式担当と新婚旅行担当を分担するのも一つですし、いつまでに、結婚式の準備を終わらせるなどスケジュールを事前にしっかりと立てておくといいでしょう。
結婚式の準備は、誰もが楽しい時間ですが旅行も楽しむ為には時間の配分をしっかりとして最高のハワイ挙式と新婚旅行にしましょう!

新婚旅行の内容は家族の希望を考慮する

ハワイ挙式と新婚旅行を同時に行う場合は、参列してくれる、親族や友人もいます。
結婚式が終わったからと言って、ふたりだけで好きに過ごすというのはなかなか難しいものです。特にハワイや外国に慣れていない家族や親族とは、現地での過ごし方を相談し決めておくのがいいと思います。
両家の親睦を深められるような、オプショナルツアーやアクティビティを盛り込むとみんなで楽しめてより、思い出に残る新婚旅行になるのではないでしょうか。

ハワイ挙式と新婚旅行を一緒に行う上で大切な事

今まで、ご紹介してきましたように、ハワイ挙式と新婚旅行を同時に行う場合には大きなメリットもありますが、注意すべき点もあります。
これから、同時に準備していく予定のおふたりにとって一番は時間を有効に使える事です。
挙式も、旅行も同時に同じ場所で相談出来れば移動の時間も節約できるので、一石二鳥です。
ファーストウエディングでは、HIS・JTB・JALパックと大手3社の旅行商品の取扱いがありますので、挙式も新婚旅行も同時に相談可能です。
旅行会社に行くと、各社廻って旅行プランを比べたりしないといけませんが、ファーストウエディングでは同時に旅行プランや予約状況などの確認も可能です。
ハワイ挙式と、新婚旅行を同時に行いたいといお二人は、是非ファーストウエディングにご相談ください!

ハワイ挙式にご興味のある方は
ファーストウエディングへ
お気軽にご相談を

この会場の空き状況を確認する

Page Top

閉じる