【2020年06月24日】

結婚式を100万円で行う節約ポイントや海外挙式案をご紹介

結婚式の検討をはじめたばかりのふたりにとって、“費用”については気になるけれど想像し難い部分ではないでしょうか?特に家族や親族、親しい友人のみを招待する場合、参列した経験が少ないため情報をつかめず悩んでいらっしゃるカップル様も多いかと思います。自己負担額のおおよその目安を知っておけば、今後のご相談も安心ですよね。
そこで今回は「予算100万円」で結婚式を叶えるためのポイントをご紹介いたします。

①式場代、衣装代、写真代から紐解く結婚式費用の内訳

結婚式場にかかる費用

結婚式にかかる費用には大きく分けて「式場代金・衣装代金・写真代金・披露宴」などがあります。国内式場では約半数のカップル様が「挙式と披露宴」をセットでなっているパックプランをご利用されています。パックプランはお得なケースが多いですが、プランに含まれる内容がふたりにとって必要なものかどうかは確認する必要がありそうです。例えば「着たい衣装が既に決まっている」「披露宴ではなく小規模の会食を催したい」といった場合は、パックプランに含まれる内容が必ずしも必要であるとは限りません。
ふたりの優先順位を明確にするために、まずは「なぜ結婚式を挙げるのか」「結婚式の思い出をどのように残したいか」という点を話し合われてみることをオススメします。

結婚式場以外にかかる費用

その他かかる費用として、祝辞を依頼した方へのお礼やゲストへのお車代があります。国内での結婚式の場合ゲストからご祝儀をいただく場合がほとんどですのでふたりの貯金からの持ち出しは少なくなりますが、結婚式場へ支払う以外にも費用が掛かることは押さえておくべきポイントです。

②費用100万で結婚式を叶えるために

予算を左右する結婚式場、日程選び

同じ結婚式場でも日程によっても料金が変わることはご存知ですか?土曜・日曜・祝日は平日と比べて料金が高くなり、さらに国内挙式の場合は「六曜」も料金に大きく影響します。六曜では「大安」が慶事行うのに最も良い日とされており、「大安・友引・先勝・先負・赤口・仏滅」の順に料金が安くなることが一般的です。
最近では六曜を気にされないカップル様も多く、特に海外挙式の場合は時差があるため六曜を考えられない場合がほとんどです。海外挙式の場合は六曜ではなくシーズンによる料金の変動の方が大きい傾向にあります。

見積書の内訳を把握する

結婚式の見積りは当初の見積りより大幅に上がる という話はよく耳にしますが、初めから最大の見積書・現実的な見積書を作成してもらうことが重要だと考えます。ふたりの希望を叶えると予算はいくらかかるのか、何にどれくらいかかるのかという内訳を理解したうえで検討を進めることができるためです。
また担当のプランナーと予算感や方向性を共有しておくことはとても重要です。ふたりを理解し最適な提案してくれるプランナーは、予算内での結婚式を叶えるためには欠かせないパートナーです。

③結婚式費用を節約する方法

ブライダルフェアを活用

ブライダルフェアを活用することでご希望のプランをお得に申し込むことが可能です。各社のホームページを確認することはもちろんですが、ゼクシィやマイナビウエディングなど各媒体で独自のキャンペーンが開催していたり、挙式時期に応じて大きな割引をしている場合もあります。フェアやキャンペーンは定期的に開催しているものではないですが、希望の結婚式場が決まったらまずは情報収集をしてから契約することが費用を節約するための大きなポイントとなります。

費用を抑える節約ポイント

これまで考えてきたふたりの優先順位に沿って、内訳にメリハリをつけることが予算を抑えるポイントです。また節約できる点としては“アイテムの持込み”がポイントとなります。持込みに関しては式場によってルールが様々ですが、基本的に結婚式場の施設や進行にかかわる部分はトラブルなくスムーズにご結婚式を催行するために持込みができず指定業者へ手配が必要な場合が多くあります。例えばカメラマンや装花を担当するフローリストがこれにあたりますが、式場を熟知していることがクオリティの高い仕上がりへと繋がるため、ここは指定業者へお任せするべきポイントです。
一方で手作りアイテムやDIYを取り入れることができる部分は持込みするべきポイントになります。節約につながると同時に、ふたりの想いを込めたアイテムはゲストにも好評ですので、少人数のご結婚式にこそぜひ取り入れてはいかがでしょうか。

④結婚式費用100万円で叶えるハワイ挙式実例

海外挙式で代表されるハワイでは、結婚式費用100万円でも充実した結婚式が叶います。そこで実際に100万円以内でハワイ挙式を叶えられた先輩カップル様の実例をご紹介させていただきます。

ガーデンウエディング【914,000円】

ハワイ・オアフ島のシンボル、ダイヤモンドヘッドの麓で心地よいハワイの風を感じながら叶うガーデンウエディング。自然の中で叶う結婚式はハワイだからこその魅力があります。さらにハワイ挙式では欠かせないビーチフォトツアーやゲスト様とのお食事も予算100万円以内で叶います。
(挙式代金:198,000円/ヘアメイク:38,000円/写真データ(150カット納品):145,000円/ビーチフォトツアー(50カット):84,000円/ディナー(6名様分):99,000円/ドレス&タキシード:300,000円/プロデュース料:50,000円)

ビーチウエディング【812,000円】

海好きのカップル様にはビーチウエディングがおすすめ。ビーチでゆっくり過ごすことができ、ゲストと共にビーチ撮影を楽しめるのもビーチウエディングならではのポイントです。結婚式をゲストと一緒に “楽しむ”イメージで、皆で作り上げるビーチウエディングは素敵な思い出になることでしょう。
(挙式代金:180,000円/ヘアメイク:38,000円/写真データ(150カット納品):145,000円/ビーチフォトツアー付き/ディナー(6名様分):99,000円/ドレス&タキシード:300,000円/プロデュース料:50,000円)

⑤まとめ

結婚式を100万円で叶える方法とその具体例をご紹介しましたが、予算を抑えるべきポイントを知ることが予算内で結婚式を叶えるための第一歩です。まずはウエディング会社へ足を運び、具体的な情報収集をおこなうことからご相談をスタートされてみてはいかがでしょうか。

最新の来店状況・ご予約は、お電話でどうぞ!
渋谷本店→TEL 0120-428-077/ 03-5466-3555
大阪店 →TEL 0120-999-075/ 06-6281-0711

Instagramでも情報発信中!
https://www.instagram.com/firstwedding

 

ハワイstyle

ハワイウエディング・結婚式 コンテンツ

ハワイ挙式関連記事一覧