【2020年06月09日】

海外挙式をふたりだけで行うメリット・デメリットから成功の秘訣を紹介

結婚式やハネムーンを考える時に、選択肢が多くて迷われるカップル様が多いと思います。
しかし一生に一度のウエディングだからこそ、納得して進めたいという想いは誰もがお持ちではないでしょうか。
そこで今回は海外でふたりだけの結婚式をテーマに、メリットやデメリット、気になる費用面から成功の秘訣をご紹介させていただきます!

①ふたりだけの海外挙式のメリット

費用を抑えられる

国内挙式でいう“結婚式”費用の内訳は「ご披露宴」にかかる費用が大部分を占めており、ふたりだけの海外挙式ではこの費用を抑えることができます。ご祝儀こそないもののトータル費用は大きく抑えること可能です。
予算を抑えるコツは「旅費が安価なシーズン」を狙うこと。
同じシーズンでも「出発日」によって旅費が大きく変わるケースも多くあります。例えば、一日早く出発できれば数万円お安くなるケースもあり、初めから日程を決めてしまうのではなくある程度の柔軟性をもってまずは大まかな「時期」を決めることが賢く旅行を手配するポイントです。
またプロデュース会社によっては旅費と同様に時期によって「挙式代金」が変動する場合がありますので、事前にお調べになると安心ですね。

ふたりの“好き”を詰め込める

国内挙式では「セレモニー+ご披露宴」を一括りにして“結婚式”と呼ぶ場合がほとんどですが、ふたりだけの海外挙式では「セレモニー+α」が“結婚式”となります。
セレモニーは教会やチャペル、ガーデンなどで愛を誓うブレッシングスタイルが一般的ですが、+αの部分はおふたりらしさを詰めこめる海外挙式ならではの部分です。
例えば、海外らしいロケーションでフォトツアー、お気に入りドレスを数着着る、スイートルームに宿泊、トロピカルなブーケを用意する・・など。ふたりだけの海外挙式では周囲への配慮は不要ですので、思うがままにふたりの“好き”を詰めこんだ結婚式が叶います。

時間の制約が少ない

ハネムーンも兼ねた海外挙式の場合は、現地での滞在時間は限られたとても貴重な時間です。
ふたりの優先順位と相談しながら自由にスケジュールを組むことができるのは、ふたりだけの海外挙式ならではです。
そこでおすすめなのは、結婚式・ハネムーンの両方を相談できるプロデュース会社を選ぶこと。どちらかに偏ることなく、ふたりの希望を叶えてくれるプロがいると安心ですよね。
ふたりのやりたいことを話してみると、思ってもいなかった角度からの提案がでてくることもありますので、プロのプランナーと3人4脚で準備を進めることは理想の海外挙式を叶えるために欠かせないプロセスです。


②ふたりだけの海外挙式のデメリット

晴れ姿を見てもらえない

ふたりだけの海外挙式では、ご両親やご友人様に結婚式の様子を直接見てもらうことができません。
そのため帰国後にみなさまにハワイ挙式の様子を見ていただけるよう、写真や映像でしっかり残しておくことはふたりだけの海外挙式では特に大切です。
またタイミングが合えば、オンラインで結婚式の様子のLIVEでお届けするなんてことも素敵ですね!
ご両親やご友人様には、帰国後にパーティーを開催し改めて晴れ姿をご披露されると喜ばれると思います。

盛大なお祝いをしてもらえない

ふたり挙式では、ゲスト様に囲まれて「おめでとう‼」の声が飛び交う雰囲気とは異なりますので、そのようなイメージをされているおふたりにはおすすめできません。
現地スタッフ以外は基本的にふたりっきりですので、ふたりの時間を大切にしたい・こじんまりと結婚式を挙げたいというカップル様にオススメです。

③ふたりだけの海外挙式のメリットinハワイ

自然豊かなリゾート地

みなさまはハワイといえばどのようなイメージをお持ちでしょうか?
海をイメージされる方が多いと思いますが、ダイナミックな山々や南国ならではの草木や花々などの豊かな自然がハワイの魅力です。そのような場所で写真を残すことが目的ではなく、それらのロケーションを“楽しむ”ことが最も大切です!ハワイではその全てが叶えることができるのです。

いつでも帰れる場所

結婚式を挙げるハワイという土地がふたりにとって特別な場所となり、特に地元の方々に守られ続ける教会や、ハワイの自然の中でのガーデンウエディングは、これからもずっと変わらずにその地にあり続けてくれます。
ふたりの愛を誓った特別の場所へ数年後、数十年後に家族で訪れてみるのも素敵ですね。

日本人にやさしく陽気な人々

ホテルやビーチ、街並みをウエディングドレス姿で歩いていると「Congratulations‼」とお声をかけていただけることもしばしば。見ず知らずの方でも温かく祝福してくださるハワイのみなさまの陽気なお人柄に、心温まる思い出がまたひとつ増えることでしょう。
このような人との出会いも、ハワイウエディングが愛される理由の一つです。

④ふたりだけの海外挙式のデメリットinハワイ

時差が19時間あり最短でも3泊5日間が必要

ハワイは19時間の時差がありフライトも7~9時間かかるため、最低でも5日間のまとまった日程が必要です。忙しいふたりには少し難しいかもしれませんが、ハネムーンも兼ねて休暇を取得される先輩カップル様も多くいらっしゃいます。
ふたりの状況に合わせて、日程の決め方についてもご提案させていただきます。

乾季と雨季

ハワイは4~9月が乾季、10~3月が雨季と言われています。ハワイでは1年を通して通り雨のようにサッと降る“シャワー”がありますが、そのシャワーが比較的少ないのが乾季の時期です。シャワーの後には虹が出ることも多いですので、雨に出くわされた後には虹が出ていないかチェックしてみてくださいね。

⑤ふたりだけのハワイ挙式ならではの楽しみ方

写真撮影や映像にこだわる

ロケーションに恵まれたハワイ挙式ですので、ハワイらしいロケーションで写真や映像をたくさん残していただきたいです。
プロデュース会社によって撮影プランは様々ですので、写真やサンプルアルバム、撮影できるロケーションに注目してプロデュース会社を選ぶのも理想を叶えるためには重要なポイントです。

ハネムーンを楽しむ

ハネムーンだからこそ“ちょっと贅沢”に過ごすのが成功の秘訣。ホテルや食事、エステ、お買い物、アクティビティ・・など何でも構いません。
ふたりにとっての特別感が一生の思い出をより素敵なものにしてくれます。

帰国後パーティーを開催

セレモニーと披露宴のタイミングが分かれる海外挙式ではの楽しみ方です。
ご両親やご友人様へ感謝を伝える場、晴れ姿を見てもらう場としてご披露宴は欠かせませんよね。ハワイとは全く異なるテイストの会場で、ウエディングをもう一度叶えられるのはカップル様にとっては嬉しいポイントではないでしょうか?

⑥ハワイ挙式専門店がご提案!オススメプラン

それでは具体的なハワイ挙式プランについてご紹介させていただきます。
ハワイ挙式専門店のファーストウエディングでは、セレモニーはもちろんフォトツアーやご旅行手配までトータルでプロデュースいたします。

ガーデンウエディング

ハワイの自然の中セレモニーをおこなうガーデンウエディングは、その開放的な雰囲気がいちばんの魅力です。専門店ならではのラインナップと取り揃えており、絶景を眺められるガーデンや邸宅のガーデン、海を目の前にしたロケーションまでその種類は様々です。

フォトウエディング

ハワイらしいロケーションで写真や映像をたくさん残したい、そんなふたりにはファーストウエディングの「こだわりフォトツアー」がおすすめです。
まるでふたりのデートに専属のカメラマンとコーディネーターがご案内するかのようなスペシャルなプランです。定番のビーチだけではなくハワイを熟知した現地スタッフ厳選のラインナップが揃うのがファーストウエディングの特長。先輩カップル様にもご好評のプランです。
またセレモニーはおこなわず撮影のみの「フォトウエディング」もご案内しておりますので、ふたりのご要望に寄り添いご提案いたします。

⑦まとめ

周囲を気にすることなくセレモニー・ハネムーンを楽しみたいカップル様におすすめするふたりだけのハワイ挙式。ふたりだけだからこそ好きを詰めこんだワンランク上の結婚式を叶えることができますね。
特に定番だけではないハワイ挙式を楽しみたい方はぜひ一度ファーストウエディングへご相談ください。ハワイ挙式専門店ならはの商品ラインナップと専属プランナーがふたりだけのハワイウエディングをプロデュースいたします!

最新の来店状況・ご予約は、お電話でどうぞ!

渋谷本店→TEL 0120-428-077/ 03-5466-3555
大阪店 →TEL 0120-999-075/ 06-6281-0711

Instagramでも情報発信中!
https://www.instagram.com/firstwedding

 

ハワイstyle

ハワイウエディング・結婚式 コンテンツ

ハワイ挙式関連記事一覧